認知症対策マニュアル

 

 
 

認知症は早期に兆候を発見し治療を開始すれば、その後の人生を大きく変えることができます。
 
おかしいな、気のせいかな、年をとったから当たり前と放置していると、取り返しのつかないことになるかもしれません。
後々後悔しないために、もし何か思い当たることがあれば、ほんの少しの時間、このページを読み進めてみてください。

 

 
 

認知症といえば、 ごく一部の高齢者だけがなる特別な病気だと思っていませんか?
実はそうではありません。
 
65歳では1.5%の人
75歳では7%の人
80歳では14%の人
と、年齢が上がるにつれ認知症になる割合が増え、そして、85歳以上の人では27%と4人に1人が認知症を患っています。

 
平均寿命が延びていってる現在では、90歳の方も珍しくありません。
90歳以上では3人に2人が認知症になっているというデータもあります。
 

決して、特別な病気ではなく、年を重ねるにつれ症状の程度の差こそあるものの、

 
誰もが認知症になる可能性があるということをまず理解する必要があります。
高齢者が家族にいる場合は、常に認知症の兆候がでていないか注意してみてあげることで、早期発見、早期治療につながります。

 


 
 

認知症では一番多い、アルツハイマー型認知症では脳の萎縮が原因でもの忘れなどの症状があらわれます。
この症状は一過性のものではなく、何年もかけて徐々に進行していきます。
 
 
この脳の萎縮を治す治療法は現在では存在しませんが、脳が萎縮していくスピードを緩めたり、症状を改善する治療法はあります。
早期に認知症の兆候を発見して、治療を開始すれば認知症の症状を最小限に抑え、残りの人生を豊かなものにすることができるのです。
軽いもの忘れがあるくらいの状態で残りの人生を過ごすのと、家族の顔もわからなくなった状態で残りの人生を過ごすのでは
本人にとっても家族にとっても大きな違いですよね。

 


 

早期に治療を開始するためには、認知症の症状や兆候を知ることが大切です。
例えば、もの忘れですが、認知症のもの忘れは加齢による自然なもの忘れと誤解され、見落としがちになっています。
加齢による自然なもの忘れは、体験の一部だけを忘れていますが、何かヒントがあれば思い出すことができます。
認知症のもの忘れの場合は、体験したこと自体を忘れてしまいます。 
例えば、昨日、外食で魚を食べたという体験では、家族「昨日の外食美味しかったね」
 
自然なもの忘れの場合
 
本人「何食べたっけ?」
家族「ほら、魚食べたじゃない」
本人「あ〜、あれ美味しかったね」
認知症によるもの忘れの場合
 本人「昨日、外食なんかしてないよ」
というように、自然なもの忘れの場合は、ヒントがあれば思い出すことができますが
 
認知症のもの忘れの場合
「外食した」という体験自体を忘れてしまい、思い出すことができません。
認知症の兆候は、もの忘れだけではなくたくさんあり、認知症の正しい知識を持ち、家族に認知症の兆候がでていないか
 
常に注意してあげることで 早期発見早期治療につながるのです。
認知症は、放置するとどんどん悪化します!
家族が認知症という病気になったときは、周囲の人たちが見る目はとても冷やかです。
「ついにあの人もボケたか」「ボケの家系」など、認知症という病気になると差別的な扱いをされるようです。
認知症患者を放置したら刑事責任?
認知症を放置し、敢えて受診をさせないというのであれば介護虐待に問われてもしかたありません。
もし、万が一の場合
保護責任者遺棄罪を問われる可能性が大です。扶助が必要な人物を置き去りにする犯罪です。
扶助が必要な人物というのは、老年者・幼年者・身体障害者・病人の保護を しなかったという、
いわゆる「何もしなかったこと」が罪に値するんですね。
度々、パチンコ屋の駐車場に子供を放置して死亡させたような事件をニュースなどで見聞きしますよね。
こちらも保護責任者遺棄致死罪となります。
とにかく共倒れを防ぐことと、ご自分への負担を最小限にすることが 第一なんです。

 


 本書では、認知症についての正しい知識が学べます。
 

 
認知症の兆候や、どの病院にいけばいいのか、病院に行く前にやるべきこと、病院に行きたがらない人を説得する方法を紹介しています。
また、認知症の人への対応法についても紹介しています。
 
家族の対応次第に認知症の症状は悪化したり改善したりしますので、是非、正しい対応方法を学んでください。
本書で紹介している正しい認知症の知識を学び、認知症の兆候や病院に連れて行く方法を学ぶことで早期治療にむすびつけることができ、
認知症の進行を遅らせたり症状を改善することができるでしょう。

 


 本書を手に入れることで・・・

あなたが本書を手に取ることにより、こんな素敵な未来が 待っているでしょう。
早期に認知症の治療をスタートすることができます
 

 
 家族の認知症の兆候に気づくことができます

 

 
早期に治療開始することで症状の進行を抑えることができます
 

 

 認知症の種類によっては大幅に改善したり治ることもあります
 

 

介護のストレスが大きく減少します

 

 

     

 
問題行動が少なくなります
 

 

 元気に過ごせる時間が長くなります
 

 
 
※画像はイメージです
 
 

 


 
好きな数だけ自分の商品として再販売する事が可能になります。
さらに、販売する際には再販権をつけることも可能となっています。
あなたがご覧になっているこのページを、あなたもそのまんまで利用する事ができます。
販売用ホームページは改変して使用することも、そのままお使いになっていくことも可能です。
その販売ページも特典としてお渡しします。
販売用ホームページを業者に頼むと約5〜30万円かかります。
再販売で得た収入は100%あなたのものです。
再販してたった1回売上がでるだけで、投資したお金を回収することができます。
さらに、もう1冊、2冊と売る事ができれば、その分あなたの利益となっていきます。
再販には日にちや個数に制限ないため、無制限にいくつも販売していくことができます。
■商材(一覧)商品紹介はこちらをクリック
※土日祝日(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始)を除く3営業日以内、および申込が集中した場合はお時間を頂戴する場合がございますのでご了承ください。
●インターネットビジネス(副業)にご興味のある方は、こちらをクリック!

 

 
 

ボリュームとしては、
この「認知症対策マニュアル」を購入するだけで9つの商品を提供致します。
全部合わせると、最大で10個の商品を手にする事ができるのです!!
この情報商材の成功ノウハウを実践することで、貴方のお役に立てることができるでしょう。
そしてまた、ネットビジネス(副業等)としてもお役に立てることが可能です。
本商材+特典5でさらに3つの商材をお選びいただけますので、参考になる商材として「情報商材作成法+2商材」をご請求ください。
参考商材「情報商材作成法では、ネットビジネス初心者が最速最短で結果をだして稼いでほしいという思いで作成しています。
そのため、初心者の人でもお求めやすいように諦めずやり続けたら本価格の元をとれる仕組みを作っています。
既にE−BOOKを作ったことがある人であれば、さらに稼いでいく事が可能になるでしょう。
これまで稼ぐ事が出来なかった人も、この「情報商材作成法」を利用して稼げるポジションで稼ぎ続けて欲しいと考えているので、
本来ならば10個の賞品で29,870円(税込み)で提供させて頂きたいと思っているのですが、
もしあなたが、
「初心者だけどネットで10万円の不労所得が欲しい」
「ネットで食っていけるようになりたい」
「お金を払う側では無く、お金をもらう側になりたい」
という願望をもっているのであれば、この29,870円はあり得ない価格設定と思います。
29,870円で10個の商材を手に入ると考えると1個当たりで約3000円の価格設定となります。
さらに、お求めやすい価格9,870円(税込み)でご提供させて頂きます。
10冊の商品が9,870円!!一つ当たりだと987円です。
9,870円を一日当たりの金額に換算すると329円です。
一日のジュースやお菓子やファーストフードの代金を少し我慢すれば、オトクに手に入れる事ができるのです。

※画像はイメージです

ダウロード版PDF52ページ

※本商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。

効果には個人差があります。

 

 
 

高齢化が進み、これからどんどん認知症の人の数が増えていきます。
決して人事ではなく、いつ自分の親が認知症になってもおかしくありません。
その時、あなたが認知症の兆候に気づいてあげられるかどうかが、
あなたが早期に認知症の兆候を発見し、病院に連れて行ってあげられれば
認知症の症状や進行を抑え、人間としての能力を大きく損なうことなく、長い時間幸せに生きていけるでしょう。
 
そのためには、本書で正しい認知症の知識を身につけてください。
知識がないままでは、兆候に気づかず症状が悪化していってしまうかもしれません。
 
後回しにせず、あなたの大切な人のために今すぐに行動しましょう。

※画像はイメージです

ダウロード版PDF52ページ

※本商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。

効果には個人差があります。